« だまされた | トップページ | 2001年宇宙の旅 パート2 »

2001年宇宙の旅

この映画を見た時、勿論20世紀。
21世紀はこんな生活なんだ!と近未来のこの映画をわくわくして見ました。shine
ちょっと未来的な生活スタイル。night
シンプルなインテリア。
憧れて見てたけど、実際の21世紀はあまり変わっていない過去からの続き…。typhoon
勿論インテリアはシンプルに暮らしている人もいるけれど、まだまだ昔からの流れは変わるものではないですね。
それは伝統として受け継がれなきゃいけないものもありますから。

映画としてはあの猿が空中に放り投げた骨が宇宙船に変わる場面。wrench
あの場面は凄く象徴的で好きですね!slate
そして最後の赤ちゃんを見るシーン。
あれは輪廻転生を顕しているのでしょうか?sandclock

この映画は語ることが多くて1回では終われません。slate
また取り上げたい作品です。

|

« だまされた | トップページ | 2001年宇宙の旅 パート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132091/26370613

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年宇宙の旅:

« だまされた | トップページ | 2001年宇宙の旅 パート2 »