« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞をとったこの映画。shine
出演した女の子の養子問題でも話題をまきましたが…。
可哀想ですね!
映画に出たばっかりに大人の世界に振り回されて…。
こんなことなら貧困な暮らしの中でひっそりと暮らしていた方がよかったのかも…。sweat02
一昨年ボランティアでインドに行き、すごい田舎に行きましたが日進月歩のインドは変わっているかもしれません…。
でもあのすごい人口とエネルギーと貧困と喧噪と混沌に何か魅力を感じました。
この映画もまた映画館では見ないでテレビ放映まで待ってみますね。楽しみに…。slate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この3ヶ月は…




コネタマ参加中: 4月スタートの新テレビ番組。オススメは?

何かピンとくるものがないのです。
見てみたいって思うものが…。
1〜3月は結構あって毎回楽しみだったのに…。
あんまり魅力的なものがないと生きてく望みがなくなっちゃって寂しいですね。

しいて言うなら今日あった歴史の番組かな〜。例えば本能寺の変の本当の犯人は誰かいろんな説を述べて、視聴者がどの説を支持するか集計するというもの。tv
私は朝廷説を支持しますね〜、fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオハザード

どんな映画かと思って見たけど、地球外生物が気持悪いし、ゾンビみたいだし耐えられなくてちょっとチャンネル変えました。1時間ほど経って再び見ました。
物語は進展していましたが、何やらこの間見た日本のテレビドラマと似ていた。
ゾンビ(?)にかまれるとゾンビになるけどその抗体を博士の娘が持ってて発症しない。(うん、似ている)
最後はアリスが助け出されて車で逃げて行く所で終わったけど、アリスには何か身体に埋め込まれているのか?
また次への物語を予感させながら…。
あの気持悪い地球外生物(エイリアン?)が出て来なきゃいいのに…。gawk
ああいうの弱いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドクリフ

早い!昨年の映画が早くもテレビで!slate
こんなに早いのならレンタルもしなくてもいいくらい。
この映画は劉備、や諸葛亮孔明、曹操など登場人物がいろいろでどの人がどの国の人で誰と誰が手を組んで戦ったかとか魏 呉 蜀がどこでとか図式一覧にしておかないと訳わかりません。

中国の赤壁での戦い、少ない人数で相手を倒したとかそんな物語ですが佳境のところで終わりました。
続きはまた来年以降に…。

日本人は金城武、中村獅童が出てたかな〜。

でも武器を持たずに知恵を使ってそれを手に入れる方法などはとても参考になりますね!shine

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙戦争

楽しみにしていました。
あのどきどき感タッチの映像はやはり未知との遭遇を想いださせますね〜!slate
ちょっと後半グロテスクで気持悪かったですが…。
どんな終わり方をするのかと考えていたら、地球に住む細菌にやられたという落ちはH・G・ウェルズじゃんと思ったら原作H・G・ウェルズって書いてあった。wobbly
そうかこの映画はこれが原作だったのかと、前知識を全く入れてなかった私。

家庭を顧みないパパが最後にやっと本当にパパになれたというエピソードも入り…。
ひとつ気になったのが最初に車でママの家に逃げて、そこに飛行機が墜落したのに、止めてあった車が無傷だったのは不思議。奇跡!shine
でも最後まで緊張の連続の楽しい映画でした!heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すんどこべろんちょ

昔、タモリの世にも奇妙な物語という番組で「ずんどこべろんちょ」というのがありました。
なんだかおもしろい言葉で我が家でもギャグでずっと使っていました。

先日たまたまテレビをつけたらこの物語が(それもかなり終わりがけ、草刈さんの顔がまだくっきりしていて若い!)再放送されていました。懐かし〜。shine

意味不明の言葉で、ま言えば、メリー ポピンズの「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドウシャス」みたいなものかな〜?!heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気者

日本人が好きな歴史上の人物は、坂本龍馬、織田信長、ですよね。
私もこの方達好きですね。
もし殺されずに生きてたら日本の歴史は変わっていたかもしれない…なんて思います。

特に織田信長とは何だか縁があります。
今は岐阜に住んでいますが、この名前信長がつけたと言われています。
信長は荒い気性と伝えられていますが、その性格に何か魅力を感じますよね?shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の郵便配達

中国の映画だったと思います。slate
昔、娘が東京で大学生をやっていた頃二人で岩波ホールへ見に行きました。
結構高くて私には出費だったけど、せっかくなので…。
遅刻して少し見逃したけど仕方がないです…。clock
映画はとても素朴で淡々とすすんで行きます。
郵便配達をする配達夫が息子を連れて言葉少なに仕事を伝えていく。loveletter
そんなことを体験しながら息子は学んでいく。
自然の大きさと人々の暮らしとそんなものを私達に伝えてくれる静かな映画でした。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナルニア王国物語

3回見ました。
1回目は飛行機の中。airplane
眠りながら見たのであらすじがまったく解りませんでした。
何故戦っているのか判りませんでした。
2回目、テレビ放映で途中まで。tv
タンスの中に入って雪の森に出る場面を見て、1回目の映画を全く覚えていないことが判明。
3回目やっと最後まで見て戦いの理由が解りました。
彼等の長い夢?体験?はほんのひとときのできごとだったのか…?shine
私達がこの世で体験して生きていることもそうなのかも…。slate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンサムスーツ

先日テレビでやっていました。slate
テレビも映画もハンサムなのは谷原さん。shine
不細工な男の人がハンサムのスーツを着てイケメンになってもてもてになって…でも結局もとにもどるんですが…。
この映画で言いたいことは男は顔じゃなくハートだよってこと?heart
不細工な男の人がいじけて自分なんかって言ってること自体が不細工、つまり心が不細工ってこと?pig
人間、ポジティブに生きた方が幸せってことですよね…。

私?大丈夫。根っからのポジティブ人間です。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »